タウンライフ塾さがし

学習塾・予備校の体験授業予約ならタウンライフ塾さがし

中学生

中学生

大きな変化を迎える中学生に合った勉強法

■変化の時期である中学生

中学での学習方法は、小学生の頃とは進め方が違い、また科目も異なります。小学生の頃と同じような感覚で進めていると、中学に上がってから急激についていけなくなったというケースもよくあるのです。 中学の学習をスムーズに進めていくため、また高校受験に備えるためにも塾の存在は重要です。

■中学生向けの塾で必要なこと

中学生になると、学習方法も大きく変わりますし、また部活に精を出すなど生活にも変化が訪れます。その変化に対応できるように、中学での学習において基礎固めを行ったり、または高校受験への準備をしたりといった目的で塾を選ぶことが求められます。 学習において、中学生になると科目に変化が出るだけではなく、その内容も細分化されたり入り組んできたりと複雑になります。その環境に少しでも早く慣れるためには、学習の理解度を育てて流れに乗ることが大切です。 また、得意科目と苦手科目の差がついてくることもありますから、それぞれの学力に合った学習方法を見出すことです。そのためには、生徒1人1人に合った学習方法を見つけてしっかり取り組める状態に整えたいところです。 また、厳しい戦いとなる高校受験に備え、今の学力をさらに確実なものとし、さまざまな問題形態にも対応できる柔軟性を育てた上でレベルアップを狙うことも大きな目的となります。 中学生向けの塾では科目ごとの学力の平均化、また生徒それぞれに合わせた指導方法を行うことが必要となるでしょう。

■主な学習方法

小学生向けの塾では、情操や思考などの成長をサポートする形と、学力の基礎をつける形が主流となっていますが、中学生になると学力をより確かなものにした上でステップアップすることに比重が置かれます。 その学習方法にはいくつかありますが、いずれも中学の学習に慣れるため、また受験へのスパートをかけるためのプランが組まれたものとなっています。


  • ・集団授業
  • 一般的な塾の形として、数十人単位のクラスに分けて集団で授業を進めていくものです。質の高い授業を一斉に受けることができ、またクラスの仲間と切磋琢磨しながら学習できるのが特徴です。ある意味いい緊張感を持って授業に臨めるため、競合しながら意欲を高めていく生徒に向いています。

  • ・個別授業
  • 生徒1~3人程度に講師1人といった形で、生徒個人の状態に合わせた指導ができるのが個別授業です。生徒それぞれに学力の差や、また得意科目と苦手科目が存在したり、さらには、学習自体に苦手意識を持っていたりする生徒もいます。そのような生徒に合わせて指導方法を変えることができるのが個別授業の特徴です。

  • ・映像授業
  • インターネット環境があれば配信映像で自宅などにいながら授業を受けられるものです。配信映像を見るための時間は制限されていないため、自分の都合のよい時間に学習を行うことができるシステムです。わからないところを繰り返して見ることもできます。

■中学生向けの塾にかかる費用

中学生向けの塾の費用は、月謝だけを見ると1~4万程度の間が平均的となっています。この額の開きは、通常の学力アップコースを選ぶか、特に受験対策を行うコースにするかによって出てきます。 ここにさらに入学金や教材費、模試の料金などが上乗せされ、その金額も学年が上がるごとに、また受験に向けて本格的な指導を受けるコースになるにつれて上がっていくと考えてよいでしょう。 まずは学習においてどこに目標を定めるかを決めておき、それに合ったコースを設定している塾を絞って費用の比較を行うことをおすすめします。

■中学3年間と高校受験への計画を立てて決める

小学校から中学校に上がるときの学習の変化に対応するため、また高校受験を見据えた準備をするために、塾選びは重要となります。中学3年間と、その先にある高校受験までの計画を立てておき、塾選びの指針とするのが賢い選び方です。 また、子供の性格によって学習を進めやすい方法を見極めるのもポイントとなります。

Go Top