タウンライフ塾さがし

学習塾・予備校の体験授業予約ならタウンライフ塾さがし

幼児

幼児

幼児の時期から塾で学習させる意味とは

■大事な幼児期に塾で学習する

近年では、小中学生や高校生に限らず幼児期から塾で学習させるケースが増加しています。学習と言っても、小学生以降に行う科目別の勉強というよりは、幼児期に伸ばすべきところをフォローし、将来の学習において有益になるような学習内容となります。 また、幼稚園に上がる前に集団生活に慣れさせることもできます。

■幼児期の塾で行われること

子供の成長や発達において重要な時期である幼児期には、これからの学習や生活において必要となること、またさまざまな能力を伸ばすことが求められます。この時期に適切な教育や学習を受けておくことは、将来の能力や人格形成にも深くかかわってくるのです。 また、個別学習か集団学習かも選ぶことができ、集団で生活することで他の子供たちとの関係を築いたり、またみんなで行動することがどのようなものかを覚えさせたりといったことにもつながります。

■幼児期の塾の特徴

塾のシステムにもよりますが、基本的に子供の成長に合わせたコースが組まれていることが多く、0~1歳・2~3歳・4~5歳のように分けられるパターンが一般的です。それぞれの時期には成長や発達において通るべき道があり、時期によって学習内容も考慮されています。


  • 0~1歳期
  • この時期には、ママとのスキンシップを大切にしながら一緒に遊んだり、興味を持つものにたくさん触れさせたりといったことが中心となります。

  • 2~3歳期
  • この時期はいわゆる「イヤイヤ期」と呼ばれるものですが、この時期に芽生える自我の成長を大切にし、好き嫌いや言葉での表現、また創造力を育てるための遊びやゲームなどを行っていきます。

  • 4~5歳
  • この時期になると、幼稚園や小学校へ上がることを想定しての学習が中心となります、思考力や読み書き、また空間認識能力を自然と育てるために、書くことや組み立てることなどに挑戦させます。

■受験準備や英才教育

上記のようなカリキュラムは、一般的な幼児期の塾で行われるものですが、特に私立の幼稚園や小学校の受験に備えた学習を行うところもあります。 また、数学的思考や英語能力など、大きくなってから身に着けるのではなく幼児期から学ばせることで、自然と理解ができるように導く英才教育を幼児期に行うところもあります。 これらは成長や発達を順調に進めることに加えて、より能力を引き出すための学習であると言えます。幼稚園や小学校の受験に関しても、脳の発達や能力を査定されることが多く、その準備としての学習を塾で行わせる家庭も増えています。

■費用はどれくらいか

こうした幼児期の塾にかかる授業料に関しては、年齢やコースによって異なることもありますし、また幼児教育に重点を置くか受験準備や英才教育を受けさせるかでも変わってきます。一般的には通常の幼児教育の方が安価で、月額にして数千円で済むところもあります。 一方で、受験準備や英才教育を行う塾では月額で数万円程度が相場と言われていますが、塾によってその費用には幅があるため、それぞれに確認しておくのがよいでしょう。 また、月額制ではなく授業1コマあたりの料金設定となっている場合もあり、そうしたケースでは月に何回通わせるかによって出費が変わってくるでしょう。 さらに、授業料だけではなく入会金や教材費も別途必要になることがほとんどで、その費用も塾によって幅があります。月額や1コマの単価だけではなく、年間でいくらかかるかをしっかり計算した上で毎月の費用を算出することをおすすめします。

■成長のための材料をどんどん取り入れる幼児期

幼児期に塾で何らかの学習をさせるのは早いと思う方もおられますが、この時期にいろいろな情報や物事に触れさせることで、豊かな情操や脳の発達を促すことができます。幼児期は成長のためにさまざまな材料を吸収する時期です。その吸収の方法をうまく行えば、子供の能力はどんどん伸びていくのです。

Go Top