タウンライフ塾さがし

学習塾・予備校の体験授業予約ならタウンライフ塾さがし

塾の詳細・費用について

年代ごとに異なる対策を!

幼児期を経て小学生から中学生、そして高校生になるにつれて、学習形態も変化してきますし科目も細分化されてきます。年代ごとの成長に合わせた学習方法が求められるほか、また、受験を控えるようになるとその対策を取る必要も出てくるのです。そのため、塾でもそれぞれの年代に適した授業やコースを設定しています。

幼児詳細を見る

幼児期は、情操や思考の発達において重要な位置を占めます。この時期に豊かな教育を受けることで、将来の学校での学習、また受験においても有益な能力を身に着けられるのです。幼児期の塾は0歳から対応しているところもあり、年齢別でコース設定されているところも多くあります。 3歳くらいまでは楽しく遊びながら創造力を養う授業、4歳から5歳では小学校の学習を見据えた授業といったように、子供の成長に合わせたカリキュラムが組まれています。さらに、英語や算数教育に関してもこの時期から行っておくことで、将来的な学習がスムーズになることも期待できます。 また、この時期に同世代の子供たちとの集団生活にも慣れさせられます。

小学生詳細を見る

小学生に上がると本格的に科目ごとの学習が始まりますが、この時期から楽しく学習することを覚えれば、将来中学生や高校生になっても苦労することが少なくなるでしょう。子供は6年の間に大きな成長を遂げますから、それぞれの学年に合った学習方法を行うことが求められます。 小学校低学年までは、体や感覚を駆使して学習の楽しさを教えていきます。4年生になってからは、中学校へ上がるための準備として塾での学習が行われます。また、私立中学を受験する場合はその対策としての学習が必要になるでしょう。 高学年になるにつれて対策は本格化し、得意と不得意が分かれてきたときには苦手をこの時期のうちに克服しておくことも大切です。

中学生詳細を見る

中学生になると、小学校での学習とは内容ががらりと変わるため、戸惑うことも多いでしょう。さらに学校生活においても部活を始めたりなどと変化が表れるものです。この環境に慣れるために塾でのサポートを受ければ、スムーズに学校の授業にもついていけることができるでしょう。 また、今まで受験を経験していなかった場合でも、高校受験を控えて対策を取る必要が出てきます。しっかりと学力の基礎を固めておくことはもちろん、苦手科目を克服して学力の平均化を図るのが塾の目的の1つとなります。 子供のタイプに合わせた形態の学習方法を選び、基礎固めや受験対策として結果が出せるような塾を探し出すことがポイントです。

高校生詳細を見る

高校生では、大きな壁ともなる大学受験を控えることになります。高校3年生がそのピークとなりますが、1年生や2年生から受験準備として塾で学習するパターンもあるでしょう。そして志望校や志望学部が決まったら、それぞれに合わせた対策が必要となります。 一般大学だけではなく難関と言われる国公立大学の受験、また医学部専門のコースが設定されていることもあり、生徒1人1人の目標に合わせた学習方法が求められます。塾で選ぶコースによってカリキュラムや学習方法を選び、より合格に近づける学力を固めるのが大きな目標となるでしょう。 志望校や学部のパターンによって塾のサポート体制も変わり、きめ細かい対応がポイントとなります。

このように、年代によって必要な学習も違えば目標も大きく変わります。それぞれの年代に合わせた学習が必要になりますし、塾側のサポート体制にも年代ごとに変化が出ます。どの時期にどのような目標を立てるかによって塾選びを考えるべきでしょう。 着実に目標に近づくためにやる気を維持できるかという点も大切になります。

Go Top