タウンライフ塾さがし

学習塾・予備校の体験授業予約ならタウンライフ塾さがし

塾の授業形式の説明

子供に合わせた学習方法がある!

これから受験を控えた子供がいるご家庭では、その準備のための学習方法にはいろいろと頭を悩ませていることでしょう。近年では、塾をはじめとして学習方法は多様化しており、子供の学力や性格に合わせて選べるようになっています。その方法とは下記のようなものに分けられ、それぞれに特徴を持っています。

集団授業詳細を見る

昔から一般的にある塾の形がこの集団授業です。複数の生徒を集め、ときにはクラス分けを行って大人数で学習を進めていきます。そのクラス全員で決まったカリキュラムに沿って学習し、同じ目標を持つ仲間たちと切磋琢磨しながら学力を伸ばすことができます。 また、多くの子供を抱えるため、受験に関する情報量も豊富で、塾から子供たちに与えられる情報はもちろんのこと、子供同士や親同士でも情報交換がしやすくなる形態であると言えるでしょう。また、講師陣のクオリティも比較的高くなっており、質のよい授業を受けることができます。

個別授業詳細を見る

大人数の生徒をクラス分けして行う形ではなく、1人もしくは2~3人に講師が1人つき、個別に指導してもらうことができる形態です。集団になるとどうしても学習についていけなくなったりする場合も出てきますが、個別授業なら生徒1人1人のペースに合わせて進めていくことが可能になります。 また、他の生徒と比べられたりすることもないため、学習に対して苦手意識を持っている子供には適した方法となります。逆に、子供のモチベーションによって進み方が変わってきますから、目標を持ってが学習するのがポイントとなります。

映像授業詳細を見る

塾の中や自宅にインターネットの環境を整えることで、配信によって映像の授業を受けられるものです。このシステムよって、同じ授業を受ける生徒が全国各地にいることになり、授業の進捗や生徒のレベルを平均化することにもつながります。 配信はパソコンだけではなくスマートフォンやタブレットで受信することも可能で、いつでもどこでも映像を見て学習ができることが大きな特徴となります。今や社会のあらゆるシステムにITの仕組みが取り入れられる中、受験勉強にもその形態が採用されたことで便利に学習ができるようになっています。

家庭教師詳細を見る

昔から、知人などを介して家庭教師をつけて学習するという形はありましたが、近年では派遣センターに所属する家庭教師が自宅に来て学習を進めるというシステムが一般化しています。子供としては、慣れた自宅にいながらにして授業が受けられて、学習しているうちにわからないことなどがあればその場ですぐに質問ができるなどの利点があります。 基本的には家庭教師とのやりとりとなるため、受験に関するサポートが弱い面はあります。また、家庭教師と子供の相性に左右され、信頼関係を築ければ親も安心することができます。

通信教育詳細を見る

教材を自宅に送ってもらい、その教材を使用して自宅で学習する形態です。塾の授業の一環として摂りいれているところもあれば、教材を販売する業者が専門に行っていることもあります。ときに映像授業を取り入れながら学習を進めていくこともあります。 自分の都合のよい時間にいつでも始めることができ、自宅にいながらにして学習ができる方法の1つです。基本的に講師がいない状態で学習するため、質問などのサポートに弱い面があり、受験までのカリキュラムを時期ごとに組んで計画的に行うことが大切となる形です。

このように、受験に向けての勉強にはいろいろな方法があります。子供に学習をさせるに当たってどのような方法がよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。しかし、子供にもタイプがあり、どの方法が合っているのかも子供によって異なります。どのような形でも子供に合うかどうかが大切です。子供自身に一番合っている方法を見つけることがポイントとなるでしょう。

Go Top