タウンライフ塾さがし

学習塾・予備校の体験授業予約ならタウンライフ塾さがし

中学受験

中学受験

中学受験における塾の必要性とは

■中学受験には塾の指導が必要

中学校進学に当たっては、私立中学の受験を考えているご家庭も多いでしょう。 公立中学校では学習が不十分だと考える場合、また中高一貫校を目指したり大学受験までを見据えたりした場合、私立中学へ入学して質の高い教育を受けることを望むケースが増えています。 中学受験においては塾での指導は必須となるでしょう。

■中学受験にはしっかり対策を

公立中学校に上がる際には受験が必要ありませんから、特に学習に力を入れずとも入学はできます。しかし私立になると、入学に際しても高度な学力が求められるため、小学校での学習だけでは受験の合格水準に届かないことがほとんどなのです。 そのため、進学塾で中学受験に特化した指導を受けることが求められるわけです。

■中学受験の現状

私立中学の受験を希望するケースは年々増えていると言われ、その競争率も上がっているのが現状です。単純に試験の難易度だけではなく、私立入学自体が狭き門となっているということなのです。 そのため、ただ小学生で学習する内容を理解することにとどまらず、より高度な学力を持っていなければその門を通過できないのです。 小学校で学ぶこと以上の高い学力を身に着けるためには、やはり塾での学習は欠かせないものとなるでしょう。中学受験の対策を専門とした進学塾や学習コースなども多くあり、そこで集中して学習してやっと合格水準に達することができるというのが現状でしょう。 また、進学塾での授業自体が高レベルとなるため、その授業対策として個別授業の塾と併用したり家庭教師をつけたりするなどといったパターンもあるようです。

■受験対策を万全に取れる進学塾

進学塾とは、その名のとおり進学のための学習に特化した塾です。こうした進学塾では、私立中学への合格のために特別な授業を行いますから、通常の塾で学習できる内容とは一線を画したものになります。 独学で学習を行うことにはやはり限界がありますし、小学生の時点で進んで学習に取り組ませること自体が困難なこともあります。塾の役割とは、学力を向上させることだけではなく、子供が学習に進んで取り組めるように習慣づけることでもあるのです。 進学塾の形態によっては、まず学習への意欲があることを前提に授業が進められていくこともありますが、1歩ずつ学習へ意識を向かせられる指導を行っている塾もあります。 さらに、細分化されたコース設定によって、学習に慣れさせた後に進学コースに変更するという方法を取れることもあるでしょう。

■塾で養いたい能力とは

中学受験において、小学校の学習だけでは突破てきないというのは前述のとおりですから、それに加えた授業内容によって身に着けたい能力があります。


  • 学習への意識を向かせる
  • いくら学習できる環境が整っていたとしても、子供自身が学習をする気にならなければ話は始まりません。 学習に対して意識を向かせることがまず第一の条件になると言ってもよいでしょう。塾に通って整った学習環境に置かれることで、その第一歩を踏み出せることにもなります。

  • 基礎学力を固める
  • 中学受験においては、まず小学校で学習する内容があった上でさらに難易度の高い問題が出題されます。その内容を理解した上で能力をアップさせるためには、まず基礎学力をきちんと身に着けていることが必要になるのです。

  • 応用力を高める
  • 難易度の高い問題は、どのようなものであったとしても基礎を応用したものとなります。逆に言えば、その応用問題に隠れた基礎が何であるかを見抜く力が求められるということです。その応用力を塾での学習で身に着けることもポイントの1つでしょう。

■子供に合った塾を選んで力をつける

上記のような学習能力を身に着けるためには、塾での指導内容ももちろんですがその方法が子供それぞれに合ったものでなければ厳しくなるでしょう。 指導方法や学習方法は塾によって特色があり、子供と相性がよければより着実に必要な能力を身に着けられることとなります。子供に合った塾選びが大切なのです。

Go Top